-スマホスペック・評価まとめ

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

Wiko Tommy3 Plus のスペック概要

Wiko Tommy3 Plus のスペックは、ディスプレイが5.45型ディスプレイ(1440×720px)、「MT6739WW」8コアプロセッサー、2GBメモリー、16G内蔵ディスク、2900mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 8.1」をプリインストールしている。

Wiko Tommy3 Plus のカメラの画素数は、リアカメラ:1300万画素、フロントカメラ:500万画素を搭載している。

カラーは、ブラック 、ブリーン 、チェリーレッド 、ミラーの4色が用意されている。

その他機能としては、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、Bluetooth4.2機能、磁気センサーを搭載。

Tommy3 Plus の特長

Tommy3Plusの特徴は、バッテリーが取り外せるようになっているので、お店などにもっていかなくても自分でバッテリー交換が容易に行えることです。

また、au、ソフトバンク、ドコモなど3大キャリアに対応、SIMカードは2枚挿入できるようになっています。

2か所ともmicroSIMサイズですが、SIMカードアダプタが2個付属でありますので手持ちのnanoSIMでも利用可能です。

最近はスマホ購入時の付属品は必要最低限しか付いてきませんが、Tommy3Plusは付属品がとても充実しています。

USBケーブル、ACアダプター、バッテリー、クイックスタートガイド、セーフティーブック、保証書、画面保護フィルム、本体保護ケース、などが付属されているため、すぐに使い始めることができます。

カラーはブラック、ミラー、ブリーン(ブルーとグリーンを組み合わせたオリジナルカラー)チェリーレッドの4色から選べます。

 

Tommy3 Plus の注意点

タッチパネルの感度が悪かったり、動作が遅かったりするので、ゲームなどをサクサクできる感じではありません。

インターネットにつないだ時のブラウザ切り替えの時もそうですし、カメラ機能を立ち上げたときなどにも読み込みに時間がかかり、数秒の待ち時間ができてしまいます。

カメラは画素数のわりに画質が悪いため、ホームページなどで謳っているほど鮮明ではありせん。

設定を最大にしても、iPhoneなどに比べると画面が暗い印象がありますので、画質という面からするとあまり期待ができません。

背面カメラが出っ張っているので置くとカタカタしてしまうなど、本体自体はポップで可愛いですが、デザイン性は高くても機能性という部分はイマイチな印象です。

顔認証機能は付いていますが、指紋認証機能はありませんし、防塵・防水機能、おサイフケータイとしての機能も付いていないので、これ1台で何でもこなすというのには向いていないかもしれません。

Wiko Tommy3 Plus の各キャリアLTE・3G対応一覧

Wiko Tommy3 Plus のLTE周波数対応は、 1, 3, 5, 7, 8, 18, 19, 20, 26, 28, 38, 41 bandに対応しており、docomo、au、softbank、UQモバイル、Y!mobileに対応。

プラチナバンドは、docomo、au、softbank、UQモバイルに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

Wiko Tommy3 Plus の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

Wiko Tommy3 Plus の動作確認済みSIM・価格比較

動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
Y!mobile(ワイモバイル)
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
ソフトバンク
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い

Wiko Tommy3 Plus イメージ

Wiko Tommy3 Plusのスペック一覧

基本仕様

機種名 Tommy3 Plus
メーカー名 Wiko
小売希望価格 14800円
発売日 2019/01/18
OS Android 8.1
本体サイズ(幅x高さx厚み) 71.3 x 147.6 x 8.4 mm
本体の重さ 150 g
CPU MT6739WW
CPUコア数 8コア
ディスプレイサイズ 5.45インチ
ディスプレイ解像度 1440 x 720
メモリ(RAM) 2G
ストレージ(ROM) 16G
バッテリー容量(mAh) 2900mAh
カラーバリエーション ブラック
ブリーン
チェリーレッド
ミラー

カメラ性能

背面カメラ画素数 1300万画素
背面カメラ2画素数
前面カメラ画素数 500万画素
前面カメラ2画素数
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi IEEE802.11 b, IEEE802.11 g, IEEE802.11 n
対応周波数(バンド) 4G LTE 1, 3, 5, 7, 8, 18, 19, 20, 26, 28, 38, 41
対応周波数(バンド) GSM/GPRS/EDGE 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応周波数(バンド) W-CDMA 1, 2, 5, 6, 8
SIMスロット数 2
SIMカードタイプ micro SIM
最大microSD カード容量 128G
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(4G+3G)

その他機能

NFC対応(Near Field Communication)
GPSタイプ GPS, A-GPS
Bluetoothバージョン 4.2
加速度センサ
ジャイロスコープセンサ
近接センサ
光センサ
指紋認証センサ
その他センサ 磁気センサー
USB接続ポート MicroUSB
耐水・防水機能
HDMI端子対応
フルセグ対応
ワンセグ対応
MHL対応(TVやディスプレイに出力可能か)
ハイレゾ対応(ハイレゾオーディオ)
おサイフケータイ/FeliCa対応
メーカー仕様URL https://jp.wikomobile.com/m2693-tommy3-plus

Wiko Tommy3 Plusの各キャリアLTE・3G対応一覧

キャリア対応一覧表(LTE)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank UQ Ymobile WCP
1 2.1GHz -
3 1.7/1.8GHz -
8 900MHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
21 1.5GHz -  ○
26 800MHz -  ○
28 700MHz -  ○  ○
41 800MHz -  ○  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。*Band19はdocomo LTEプラチナバンドで、Band18とBand26はau LTEプラチナバンド、Band8はsoftbank LTEプラチナバンド

キャリア対応一覧表(3G)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank Ymobile
1 2.1GHz -
6 800MHz -
8 900MHz -
9 1.7GHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。 *800MHz(Band6とBand19)、はFOMAプラスエリア、900MHz(Band8)はsoftbank プラチナバンド。

レビュー投稿


コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.