ZTE Blade V580 のいいところ・残念なところ・スペックまとめ

ZTE Blade V580 の特長・いいところ

ZTE Blade V580は、5.5インチのフルHDディスプレイなので、文字も見やすくなり写真もキレイに見ることができる。

手にフィットしやすいランドタイプのデザインでしっかりと持つことができ、フルメタルボディはクールな印象。

ZTE Blade V580_00001

ZTE Blade V580は、長時間使える大容量バッテリーを搭載しているので、外に居る時間が長い人でも安心して持ち歩けるようになっている。

高性能のCPUを搭載することでアプリの起動も早くなり、動作の遅さを感じさせることはない。

さらにZTE Blade V580ではスマホのデータをしっかりと守るために高精度の指紋センサーがついている。

 

ZTE Blade V580 の残念なところ

ZTE Blade V580は、おサイフケータイに対応していないので、スマホ1台で買物などをすますことができず、ハイレゾに対応していないため高音質での音楽は楽しめない。

ディアルSIMは切り替えて使うため同時待ち受けができず、2枚の通信用SIMを使ってしまうと外部microSDカードを使うことができなくなること。

ZTE Blade V580の指紋センサーは高性能なため指にケガをしただけで、指紋センサーが拒否をするためスマホを使えなくなるので、指紋を複数登録しておく必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。