ZTE SoftBank 301Z の特長・価格比較・スペック・注意点まとめ

ZTE SoftBank 301Z の特長

ZTE SoftBank 301Z は、コストパフォーマンスに優れたシンプルプリペイド携帯。

軽量が一番の持ち味で、重さ約85gさらにコンパクト設計のため、手のひらに収まり持ち運びも便利なデザインとなっている。

プラチナバンドも対応している。近年電波の整備も進められていますが,中々繋がらない所もあるが、そんな時にこのプラチナバンドが対応しているため、電波の悩みも解消。

そして、いざという時の為に、緊急速報メールも搭載。

機能などは、求めていなくシンプルに使いたい人にピッタリ。

 

ZTE SoftBank 301Z の注意点

ZTE SoftBank 301Z は、あくまでもプリペイド携帯のため、4G・LTE・テザリング・防水・ワンセグ・赤外線・おサイフケータイ・wifiなどのサービスは、すべて非対応となっている。

日常的に使う方や、スペックを求められる方には。不向きかもしれない。

カメラも画素数が低く、ライト・オートフォーカス・手ブレ補正も非対応になっている。

動画・静止画保存容量が両方とも130Mバイトと保存容量も少なく、電話やメールのみ使う方に限定されてしまうところがネック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。